FC2ブログ
2018/10/21

当店の冬支度事情

この一週間で急激に寒くなりましたね。
姉夫婦は、去年一着しかなくて取り合いになったというUN○Q○Oのウルトラライトダウンベストを今季は早々にもう一着購入し、今週からは一人1ダウン体制でもこもこと朝の仕込みを行なっている。
そんなウルトラライトダウンベストを装着した二人に「このウルトラライトダウンのベスト、朝の仕込み時に着るとめちゃくちゃええで、あったかい上に軽くて腕は自由やし!」と聞かされ続ける朝。それも毎朝。
確かに良さそう。
それにコスパも良い。
ならばと私もこっそり購入する。あえて知られるのも恥ずかしいのでコスパの良いウルトラライトダウンベストをメルカリでさらにコスパダウンし購入。

そんな嬉し恥ずかし激安ウルトラライトダウンが定休日の昼下がりの仕込み中、ご丁寧に店先まで届けられた。裏の自宅に誰もいなかった為にわざわざ店まで持ってきてくれた配送ドライバーさんの優しさMAXな計らい。
もう大人なので姉夫婦もあえて茶化したりはしないが、案の定、へー(ニヤニヤ)早速着てみたら?(ニヤニヤ)となる。
試着とか本来一人でこっそりしたい派の私ですが茶化されるのを断固として回避したい年齢でもないので二人を横に据え着心地を吟味してみることに。
着てみたところサイズもちょうど良くおまけに試着のみの美品とのことで状態も遜色なし。そして確かに軽くて暖かくてとても良い!

え~いいやんいいやん似合ってるやん、せやろ〜ぬくいやろ、な買ってよかったやろ、そうひとしきり盛り上がったあと、
「でもなんか、それ着てたら、、ほらあれ、日村に似てない?」
そんな心ない一言を姉に言われる始末。
確かに似ておる。

その日の次の日だったであろうか。
突然…
兄からラインで送られてきた…
IMG_6778_R.jpg
マイト・ガイ先生
ぐっ…確かに…確かに…似て…

はよう美容院へ行かねば。
もはや性別が変わってしもうとる。

ついでに、兄によると
IMG_6779_R.jpg
姉は↑この人(犬?)らしい。
少年アシベに出てくる中華料理店店主、
王(ワン)さん。

私と姉は似てるとパッと見た感じよく言われるので、見分け方のポイントとして【姉=わんさん】て覚えてください。
スポンサーサイト
2018/08/06

夏の思い出と少しのY談

三田祭りに行ってきました。

子供との始めての夏祭り。息子は光るオモチャを欲しがったりイチゴのカキ氷を食べたがったり。それをみんなで手分けして恐ろしく長い行列に並んで入手したり。
1つも取れなくて一瞬で終わったスーパーボールすくい。打ち上がる花火。
そんなことに大喜びな息子と甥っ子の姿を眺める。
子連れの夏祭りは若い頃とはまた違った楽しみ方ができました。
20180805235938f16.jpeg

花火を歩きながら見ていると道中、警備で待機中の消防車に遭遇。消防車や救急車が大好きな息子は義兄に肩車されながら駆け寄る。前空に打ち上がる大輪の花火。
そんなシーンが素敵だなーと思い写真を撮りました。
2018080523595142f.jpeg

が、事故現場にしか見えない。しかも、大爆発…。
ちょっとそこの野次馬!早く避難しな!消火活動の邪魔じゃねぇかバカヤロウ!
そんな仕上がり。

帰りは近くまで父母に車で迎えに来てもらいました。
息子たちの光る剣を見た父「ええなーそれでチャンバラするんかー」
それを受けたY子(母)「今はそんなんせんやろー。今はえーと、えーと、あ、そうそう、ジェダイになる言うんやで」
そんな感想が述べ合われた平和な帰路。
ちなみにY子の発音は、主題とか巨大とかの発音で「ジェ↓ダ↓イ↓」
そういう違和感が Y子の魅力☆
2018/08/04

きょうのわいこ

タイトルの通り、我が家では母のことをワイコと呼んでいる。
理由は至ってシンプル。名前がよしこだから。漢字で“美しい子”と書いての美子。よしこ、yoshiko、その頭文字を取ってのY子。うちの母が美子かY子か、どちらがより彼女に相応しい呼び名なのか、察して頂きたい。

そんなY子は毎朝、朝の連ドラを見るのを楽しみにしている。ドラマに真剣に突っ込んだり感心したりしながら字幕付きで見ている。

そしてうちには三歳になる息子もいる。
彼は毎朝ご飯を食べながら楽しそうにNHKの教育テレビを見ている。

歌の途中なんかでチャンネルを変えれば息子は「今お歌みとうのに!」と怒ったりする。
それを回避すべくY子が身につけたテクニック。
20180804004410c40.jpeg

息子が真剣に見ている子供番組の1コーナーの終わりにすかさずチャンネルを変えるべく、机の下でリモコンを構え、静かに時を待つY子。

子供たちに大人気の椅子のコッシー(CV:サバンナ高橋)がシュールな活躍をみせる子供番組『みいつけた』。こうして今日も、Y子はみいつけたのエンディングから星野源の歌声響く連ドラへと華麗に番組を繋げることが出来た。Y子は案外DJなんか向いているのかも知れない。Yossy&Co…髪の毛も爆発しているShe!

このY子の巧妙なテクによって今日も息子は「あーお歌終わっちゃったねー。ドラマの時間になったねー」と平和に保育園に行けるのである。

私は歌のお兄さんとお姉さんが爽やかで素敵なので連ドラよりおかあさんといっしょの方が気になるのだけれど。恋愛禁止の二人の距離が少しづつ縮まっていっているような気がして(邪推)
2018/07/16

大事に取っておくってこと

私と義兄はコーヒーが大好きだ。
そんな我々の為に当店の冷蔵庫内には大体スタッフ用のアイスコーヒー、その名も S I C ((Staff Ice Coffeeの略) 和呼びで“スタッフアイスちゃん”と読む) が私か兄かによって作られ常備されている。
ある夏の暑い日、冷蔵庫内にはタッパウェアに約2杯分ほど入ったスタッフアイスちゃんがあった。私と兄はそれぞれのグラスに各々スタッフアイスちゃんを注いだが、約一口分程遠慮の塊のスタッフアイスちゃんがタッパーの中に残ってしまった。
そしてそのまま、それを冷蔵庫の上に放置した。

しばらくすると、これも飲む?と姉が聞いてきた。
まだ私のグラスには半分ほどスタッフアイスちゃんが残っていたので、今はいらないと伝えた。すると姉は一瞬目を丸くしたのち直ぐに落ち着きを取り戻し「大事にとっておくってこと?」と優しく云った。
何を隠そう、スタッフアイスちゃんの入ったタッパーは冷蔵庫の中で地味に場所を取る。
こんなちょっとぐらいそこ足して飲んじゃってよ!と言われるかと思ったが、こういう返しになるあたりに彼女の人となりを感じる。

こうして大事にとっておかれることとなったほんの一口のスタッフアイスちゃん。
SIC

私は昔から姉のこういうむず痒い言葉のチョイスに非常にインスパイアを受ける。
これからもそんな彼女のちょっと使えそうで使いたくないワンフレーズをご紹介していきたい。皆様も是非ご活用下さい。

そんなこんなでこの夏のワンフレーズメモリー「大事にとっておくってこと」

ちなみにただのスタッフ用アイスコーヒーをスタッフアイスちゃんと呼び始めたのももちろん、姉。
そう、彼女はいちいち古くさい。
2018/07/16

ただいま

さて、久しぶりにブログでも書いてみようかと思う。

私こと店主の妹ですが、山だの街だのを経て一児の母となり、またここ道場の地で義兄と姉とカフェを営んでいる。(前回までの投稿では弟と表記していた彼はこの数年の間に、なんと兄になったのである。)
何かに掻き立てられていた過去の自分とは違い、特に何か面白いことが書きたいなんて野心はさらさらなく、今のこの平凡な暮らしの中で思ったこと感じたことをただただ綴りたいなと。

それにしても、五年ぶりのログインは大仕事であった。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。