スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top
新たなる土地を求めて
今現在パソコンがありません。
どこかの山からのろしが上がらないか山をチェックするのが毎朝の日課です。


姉と共同で使っていた部屋の真ん中に自作の壁を反り立てたのは記憶にも新しい昨年の暮れのことである。
こちらサイドに残った唯一の窓は隣家と接しておりあまり太陽光が入って来ないためいつでも暗いことだけがネックの素敵なマイルームへと仕上がった。雪が降っても氷点下でもファンヒーターの熱気がまるで逃げないこの部屋は暖かくて快適であった。光が入ってこないことなどは全く気にもならなかった。
プライベート空間であること、ただもうそれだけで・・・。
それから爽やかな春が過ぎ季節は初めての夏を迎えようとしていた。
奥側に無理矢理居を構えた「私の部屋」と呼ばれる空間・・・に、全く風が入り込まない。姉サイドに一台付いているエアコン風も床から天井に至るまで異様なハイレベルさで作り上げてしまったこの壁により全て跳ね返された。梅雨による湿気と忍び寄る猛暑の脅威。「私の部屋」と呼ばれる空間では「この夏、息を吸うことが難しい」という決断が下された。
6月初旬、店の床にマットを敷いて眠ることとなった。


そして6月下旬、ついにアパートを借りるに至る。

問題点はインターネットが使えないことだけという風の吹きぬける明るい新居。

しかしこれが最小にして最大のネック。
ネット回線をひけないわけではない、ひいたところで肝心のパソコン本体がないのである。
洋服や化粧道具一式など姉と共同で使っていたものというのが多々あったのだがその中の代表格に鎮座するものがパソコンである。


そも、パソコン以前に色々なものがない。


その後「サウナ」という新しい利用法方で甦った、かつて「私の部屋」と呼ばれていたスペースに唯一あった光と風を遮る窓からもぎ取ってきたカーテン。
あっ、全然長さが足りてない。なるほど、明るいわけだ。

下半分の外側はベランダで覆われているため何も問題はない、と信じたい。

20130913_153921.jpg
さらにはこちらの物件、東側にも小さい窓が!
こちらの窓のカーテンは窓の大きさに合わせて自作することに。

これなら長さもばっちりのはず。

20130913_154020.jpg
・・・何かが変だ。
どうやら上のカーテンを10センチ切り過ぎてしまっていたらしい。

20130821_194731.jpg
実家の近所で暮らしておきながら自活と自炊がギリギリな私を心配して姉と弟君が時折あそびに来てくれる。晩ご飯一式持参で。(どんぶり鉢も持参)

それからちょっとした注意点として、この机は脚が一本折れているため使用の際はバランスに重々気を付ける必要がある。

20130821_194739.jpg
赤だしもあったのだが汁椀は持参対象外であったようだ。

そんな時はこちら、ステンレス製ボール!
【熱伝導が良過ぎて冷めるまで持てない】
【無駄に口当たりが良い】

20130821_194746.jpg
姉はマグカップ
赤だしをカップスープスタイルで!
【赤だしをジュース感覚で飲めたわ!】
【これに入れるとうちの子も赤だしを飲むんです】

20130821_194649.jpg
弟君にオススメなのがこちら!耐熱ガラスボール!
【デザインもスケルトンでお洒落だし普段感じることしか出来ない味噌の対流を視覚で楽しむこともできるんですよ】
【沈んだなすびを掴みやすかった】

サイズ、性能、共にこれが汁椀に一番近いと思われる。

ちなみにこの家のキッチンの規模にそぐわない大変豪勢な引っ越しそばも二人が来て作ってくれたのだった。
引っ越し早々、排水溝にとろろが詰まった。

20130821_204123.jpg
この日、「久しぶりにマリオがしたいね」ということでサウナに併設された物置を汗だくで漁るも一向に見つからなかったマリオ。

夕方、突如急用ができたといって姿を消した弟。

こうして従兄弟から借りてきたらしきスーパーファミコンとニンテンドー64セットも無事持参された。
そういえば聞くのを忘れてしまったが彼の急用とは一体何であったのだろうか。

20130821_204041.jpg
懐かしのロックマン。

でもやっぱりマリオがやりたい。

20130913_190011.jpg
というわけで、中古のゲーム屋さんに捜索に出掛ける。

どうせなら桃鉄もやろうではないか。

20130913_185813.jpg
…U.S.A!

あくまでも通常バージョンの方がやりたさそうな弟をよそにUSAバージョンを購入。

20130913_185857.jpg
兼ねてから行きたいと大騒ぎしてきたアメリカ。
これで気分が味わえそうだ。

20130913_185944.jpg
…宇宙?……月面?…か、か、か、過去!

これ、途中からアメリカ関係ない。



そんなわけでここへ越してきてから2か月半が経った。
久しぶりに動かしてみた原付はバッテリーが上がりタイヤが逝かれ、自賠責保険は余裕をもって終了。さらにハンドルに至っては「買い取ります」と書かれ貼り付けられた広告と一体化してしまっている。そこで最近の移動手段は専ら自転車である。地球と財布にとってもお優しいが私の膝には厳しい乗り物。
アパートに帰りつき敷地の一角に備え付けられた駐輪場に駐車する際、格好つけて走りながら降りてみたこともあった。足が自転車に絡まり自転車ごと両ひざから転倒するというこっぱずかしい大惨事が起きた。そういえばアパートに越して数週間たっても同じ屋根の下で暮らす住人にほとんど出くわしたことがない。瞬間、遇わない住人が時同じくして自転車で帰宅しお互い気まずい思いをした。
時には自転車では運びきれない荷物もあった。そんな時は親の車を借りて荷物運びをした。その最中に人生初の駐禁をくらった。
朝家を出ようと玄関のドアを開けたらドアに鍵がささっていたこともあった。

何はともあれ無事生きれています。
また実家のパソコンから生存状況を報告して行きたいと思います。



そんなことより、明日はいよいよ待ちにまった「アコースティックライブ at cafeふた葉」です!
私たち383も前座にて演奏させて頂きます♪
お時間ある方は是非ぜひ聴きに来てくださいね!
メインの出演者の方々がとっても素敵です。
私もとっても楽しみです!

↓詳細はこちら
2011-09-06_190746 (2)


スポンサーサイト
[2013/09/15 00:02] | 雑談 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
あなたとわたしのブックカフェ
お久しぶりです!
実はこのところ、のっぴきならない事情によりインターネットが使用できない環境下で日々を営んでおります。まるで原始です。そんな暮らしが始まってもう2カ月になるでしょうか・・・。自分がアウストラロピテクスであった日々が懐かしく思い出される今日この頃です。
暮らしのしょうもないエッセンスも積もりに積もってついに山と化してしまいました。このまま世界遺産を目指すのも悪くはないとも思うのですが、ここいらでそろそろ文明の利器に触れて放出しておきたいと思います。あぁ、世界は21世紀と呼ばれる世に・・・なっていたのですね・・・。

さて、前々回に書いた摩耶山掬星台で毎月開かれているイベント、ブックカフェ。
あの孤独な一人ブックカフェのあと、順調に出店を重ね前回で4度目の出店を果たしました。
和気あいあいと楽しくやらせてもらっています。
ビブリオバトル(自分のお薦めの本を一冊持ち寄ってプレゼンを行いより多くの人に読んでみたいと思わせた人が勝者になれる安全で健全な戦い)へも店番そっちのけで毎回出場させてもらっています。
毎回出場させてもらっていますが、依然として票は獲得できていない。
毎回何を話そうかと一晩、いや一週間ぐらい前からうだうだ考えて出場するにも関わらず、全く大したプレゼンが出来ないのが私である。打って変わって姉は毎回どの本を持っていくか出場の朝に決め、自分の番が回ってきたまさにその瞬間にその場のパッションでしゃべくり続ける。そんな彼女のプレゼンに対して「心臓つよいなぁ」という感心の念だけを毎回抱く。姉の付け焼刃の本紹介になぞそそられてやらないのが私なのだから。
なんにせよ彼女も票を獲得出来そうな気配はない。
そんな私どもを尻目に、毎度ユーモラスなトークで場を湧かせてはコンスタントに大量票をゲットしていく鬼才が主催者のすなっちさんである。小にくい書評をのべては参加者の心を鷲掴みにしてバトルの幕を下ろす。さすが主催者、人をその気にさせるのがうまい。おっと、なんだかミスチルの歌詞の様な展開に…話がそれそうです。
そう、そんな感じで毎月文系アウトドアライフを楽しんでいます。
是非みなさんもお薦めの本を持って摩耶山へお越しください。
聴いてるだけでも楽しいですよ!
また前回からブックスチェンジという【大切な本だったけどもう読まない本】の交換会も開催されています!
こちらにも是非ぜひ御参加どうぞ~^^


ここで今日はちょっとしたご報告があります!
先月は7月7日の七夕様にブックカフェが開催されていたわけでありますが、
ライターさんがカメラを持って取材に来ていらっしゃったのです!!!
なんと!
ブックカフェの様子が神戸新聞に掲載されるとのこと。


それではこちらをご覧ください↓

20130808_231721.jpg
発売日当日、ウレシの私は5時に起床しコンビニへすっとんで行って購入。

20130808_231550.jpg
めくりまくること22面、左上に・・・

SCN_0009.jpg
発見!

20130808_231819.jpg
ハッ、冷たいハーブティー!


それっていうのはもしかして・・・
IMGP4144.jpg
私たちが山頂で販売させてもらっているアレのことかい!?

ふた葉もどさくさに紛れて新聞デビュー!


そして、ここからははりきって見て頂きたい。
問題の写真が、こちら↓
SCN_00012.jpg
私も!私も新聞に載りました!!!

長さにして5ミリ!
たかだか5ミリ!されど5ミリ!
しかし新聞に載っていることに違いはない!
「私新聞に載ったことあるよ」と人に言っても嘘にはなるまい。
何も文句あるまい。

姉もといスロウライフ弟、スロウライフファミリーの皆さん、毎回ともに出店している穂の薫さんやリヤカー食堂さん・・・見事に誰も写っていない中5ミリでも快挙である。
さぞ皆さん無念であったことであろう。
そして今回一番浮かばれないのが、主催者すなっち。
主催者でありさらにはビブリオバトルの覇王の称号を掲げるブックカフェの花形キーパーソンであるにも関わらず写真はおろか名前も・・・その片鱗さえも!
全く匂ってこない。
これでは覇王が浮かばれない!


ならば合成しておいてあげるのが私の愛情表現である。
SCN_00013.jpg
けっ、決しておちょくってるわけなんかじゃ・・・!


20130808_231916.jpg
【おまけ】またしても、ウレシの私はしばらく本棚に並べておいたのでした。


次回は9月1日開催です。11時~
詳しくはこちらをご覧下さい↓
https://www.facebook.com/mt.mayabookcafe?hc_location=stream
それでは、山頂でお待ちしております^^

[2013/08/26 01:10] | お店のこと | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
天然生活7月号に掲載して頂きました。
桜が散り、頬に突き刺さる風はパパイヤの香り。

夏の暑さのヤバさに早くも気付いてしまった四月中旬。
スロウライフファミリーのみなさんと一足お先に南の島へバカンスに行って来ました。
山を越え海を渡り遥か南に位置するアイランド・・・

淡路島へ。

20130414_102859.jpg
途中パーキングの展望台で「ワタルくん」と記念撮影をしたり・・・
したはずなのに写真がない。
ちなみに「ワタルくん」というのは明石海峡大橋のキャラクターである。
この私としたことが唯一のネタ写真を撮りそこなってしまったように見受けられる。

IMGP1766.jpg
そして今旅の一番の目的地、陶芸家・斉藤幸代さんの窯開きへ!
2013年度の幸代さんの器コレクション、略して「サチコレ’13」の世界を心行くまで堪能。

IMGP1837.jpg
その後、お昼ごはんを頂きに
向かった先は「ノマドカフェ」さん。

廃校した小学校全体をリメイクした建物「ノマド村」
そんなノマド村の一室に「ノマドカフェ」はあり、なんともアーティスティックでお洒落な空間が広がっていた。店内は島内外から訪れたたくさんのお客さんで賑わっていた。
着席するや否や、大きなカメラを持った女性が声をかけてきた。
「只今ノマド村さんと料理家のどいちなつさんの対談の取材中でして、店内の写真を撮る際にもしかしたら映り込んでしまうかもしれないのですが大丈夫ですか?5月20日に発売の天然生活という雑誌なのですが・・・」と。

てんねんせいかつ!!!!!

「あぁ、えぇ、わたしたちは映ってしまっても全然構わないです。」
と即座にクールな返事をするスロウライフ店長・めぐちゃん。
さすがである。
お分かりと思うがこの時の私は後ろでわたわたになっていたに違いない。
そしてしばしの雑談の後メニューに目線を移し皆のメニュー選びが始まった。

・・・いや、無理というものだろう。
シャッターはあちらこちらでけたたましく鳴り響いている。
天然生活に載れるかもしれない。
この状況下で、
落ち着いて、食べたいものを、選ぶ、
ことなど
無理というもの!

それならばいっそのこと今の自分に出来ることを精一杯やりきるのみ。
天然生活に載っていそうな人の、ポーズィングを!

「あのね、けいこちゃん、絶対載らへんから」
と言い放ちトイレへと退席していったスロウライフ弟。
シャッターは激しく鳴り響いている。
ポーズィングへの従事も続く。



そして迎えた5月20日、
天然生活7月号の発売日!

ここで事後報告になりますがこの前日の19日、私たちのバンドの初ライブでした。
野外ライブなのに雨に見舞われるという・・・しかも遠く離れた大阪の森で。
雨に濡れ疲れ切って家に帰り着いたのは夜遅く。
だけど私は明日、どんなに疲れていようとも本屋へ行かねばならないのだ!

「あのね、けいこちゃん、絶対載ってないから」



そして次の日起きて速攻でシャワーを浴び濡れた頭に全身ジャージという凡そカフェ店員にあるまじき出で立ちで本屋さんへ駆け込み入手してきた、こちら!

20130520_124947.jpg

20130520_125007.jpg
の、の、載ってた!

姉なんか思いっきり写っている!

そしてこれはまさに「弟、お手洗いへ旅立つ」のワンシーンではないか。

この事実を知った弟が「中途半端に写ってるけいこちゃんよりトイレ行ってて一人だけ写ってない僕のほうが絶対おいしいし」と可愛げのない強がりを言うので・・・

nomado (2)
合成しといてあげました。

nomado2.jpg
お店の本棚に並べて置きますネ!(探してみてネ☆)

気が付いたらこのページが開きっぱなしの状態で数日間放置してしまっており、勝手にこのページが開く仕様になってしまったうちの天然生活。これはもうウレシの極みである。

この一連の流れを一望しためぐちゃんから
「けいこちゃんは目立ちやな~」というお言葉を頂戴しました。
そ、そうかもしれない。

[2013/05/25 02:38] | 雑談 | トラックバック(0) | コメント(1) | page top
バーチャルブックカフェ
4月から11月にかけての第一日曜日、摩耶山山頂掬星台では「摩耶山ブックカフェ」という素敵イベントが毎月行われております。
みなさまご存知でしたでしょうか?

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
(以下摩耶山ブックカフェFBページより転載)

お気に入りのマイブックを持って、摩耶山にのぼろう。

摩耶山ブックカフェは、山の上で、青空の下で開かれる、お茶会のような読書会。

小説、詩集、えほん、マンガ、雑誌とにかく何でもいいので、
自分で読みたい本や、みんなに読んでほしい本3冊以上と、
敷物やイス、できれば割れない食器とマイカップをお持ちください。

都会のカフェで過ごすような時間を、自然の中でゆったり過ごすための、
乗り物で気軽にアクセスできる文系アウトドア。
本を開いて、心を開けば、きっと新しい発見に出会えるはず。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

という。
ね!素敵イベントでございましょう!

かくゆう私も今まで日曜日はお店の営業でてんやわんやしてしまっており日曜日のアウトドアーに関しては皆目無知でありました故、お恥ずかしながら先月スロウライフさんに教えて頂きまして知ったばかりの新参者でございます。
そもそも日曜に限らず、平日だろうが祝日だろうが何だろうがアウトドア全般において無知な今までの私でした。どうもインドア色が強く出過ぎてしまっていたみたいで・・・だけどそんな自分を変えたくって2013年春。


定休日を日曜日に変更してから迎える5度目の休日日曜日5月5日。
スリーファイブでなんだかちょっぴりおめでたそうな気がするようなそんなでもないようなそんな次の日曜日、標高690メートルの摩耶山山頂で自作クッキーと共に激しくアウトドアしてこようと思います。
そう、私共もふた葉としてカフェコーナーの方へ出店させて頂けることとなりました!
初めてのイベント参加!
初めての出店!!!
といってもスロウライフさんのブースの隅にちょろっと置かせてもらう程度なのですが・・・。
(机がまだないのである。そういえばテントもない、というかあるもの自体が何もない。)

今回のイベント出店に当たって主催者さんとのやりとりを全てスロウライフさんに執り行ってもらったという迷惑極まりない経緯などが存在し、主催者さんに出会ったこともなければ主催者さんが店長を務める摩耶山山頂のカフェ・ビューテラスへコーヒーを飲みに行ったこともなくそれ以前に開催地である摩耶山掬星台に赴いたことも・・・ましてや摩耶山へ登山したことなどあるはずもなく・・・。


そんなこんなで先日の日曜日、いざ、主催者さんであるスナッチさんに挨拶をするべく摩耶山山頂を目指して行って参りました!

20130428_145930.jpg
まやビューライン乗り場!
なんとレトロなデザインでありましょうか!

20130428_150844.jpg
ケーブルからロープウェーへの乗換スポット。
ここでも十分高い!
あっ!あれは大阪城かな!?

20130428_151816.jpg
そしてロープウェーで山頂へ!
グゥオオオオ・・・
私たち、風になってる!

20130428_152805.jpg
到着!
ヒュー!きっと夜は100万ドル!


山頂に広がる広場、掬星台はたくさんの家族連れやカップル、傍や真剣なハイカーさんの集団等で賑わっていました。こんなゴールデンなウィーク真っ只中に一人でケーブルに乗ってやってきた怪しい女は周りを見渡しても私しかいない。それなのに散策の途中、怪しい女はカップルに写真撮影を頼まれてしまい・・・つづく。

20130428_154818.jpg
そう、姉は先約があって来れなかった為、なんとここまでの流れ・・・まさかの一人!
ケーブルもロープウェーも展望台からの眺めもどれもが新しく魅力的で誰かとこの感動を分かち合えたらと思いながら時折一人で「わーすごい」とか言ってみたりしながら辿り着いた山頂。(確かに怪しい)
こうしてブログに書くことで今読んで下さっている誰かがこの感動を分かち合ってくれたとしたら・・・当時の私が報われます。

そして山頂に構えるカフェ、摩耶ビューテラス702へ!
カウンターの中にいるお店の人。
それはすなっち!確実にすなっち!すなっち以外の何者でもなさそうだ!
そもすなっち以外に何者がいるというのだ!
お土産を渡して「ふた葉です、来週はお世話になります、いいお店ですね!」と言うのだ、今!


と、さらりと言えればいいのですが
「コーヒーとホットドッグ下さい」
としか言えなかったヘタレな私はこうしてしばし一人ブックカフェを楽しんだのでした。
そしてこのコーヒーが、と・・とても美味しい!
ハッ!すなっち・・・あなたはまさか
・・・つづく。


帰り際、近くのテーブルを片づけ終わったすなっちが通りかかるという至極普通なすなっちの日常が発生。しかしこちらサイドからするとそれは接近というミッションの成功を意味している。そんな日常はもう非日常という名のアクシデントに過ぎない!(・・・と、このような幸運に恵まれ)なんとかお土産を渡して更には挨拶をすることが出来ました。いざ話してみるとすなっちさんは話しやすくてとてもいい人でした。
いや、まんま見た瞬間からいい人オーラは全開だったのですが・・・
ほら、わたし人見知りってやつですやんか?


その後、心置きなく無事下山することが出来ました。
(もちろんロープウェイとケーブルカーでね!)
こうして初摩耶ライフは終了。


そして翌日
何もないのは流石にまずい。
一番必要なものはなにか?

度胸か?
20130430_123035.jpg
ということで、とりあえず看板を作ってみました。


是非5月5日摩耶山掬星台へあそびにいらしてくださいね~!
お待ちしております^^


あっ、私ってば!すなっちさんのことをところどころ「すなっち」呼ばわりしてしまっているではないか!

[2013/05/01 01:49] | お店のこと | トラックバック(0) | コメント(1) | page top
姉がウガンダに旅立ちました。
エッエイプリルッ折角のエイプリルフールぐごわあぁぁっっつ…!

嘘のグレードを引き上げ続けている間に終わってしまったではないか。
日々嘘と紙一重の戯れ言を書き連ねてはや幾年…。
とはいえ、実に無念極まりない。
また来年、来年こそは


立派な嘘つきに、俺は、なる!


(こんな漫画あったらやだね!ちなみに誰もウガンダいかないよ!)
[2013/04/02 00:23] | 雑談 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
| ホーム | 次のページ>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。